中学受験における英語対策について

小学5年生の娘が中高一貫校への中学受験を志しており、地域で有名な学習塾に通わせることにしました。

中学受験における英語の過去問を見てみると、公立の高校入試レベルに近いほど難易度が高く、これまで英語教育に力を入れてこなかった娘の力量では、不安感がありました。

学習塾の担当講師の方と相談し、まずは語彙力と基本的な文法を定着させることが先決であり、そのためには毎日決められた量の単語と文法を覚えることを要求されました。塾では毎週単語テストと文法問題を課しており、間違えた問題に対するフォローを完璧にこなしてくれる体制を取ってもらえました。これらの基礎トレーニングの甲斐があり、基本問題は完璧に点数が取れるようになりましたが、志望校の過去問には、難易度の高い文章題があり、出題年近辺に起こった社会性のある事件をテーマにした問題が採用されていることに気づきました。

早めの対策が重要

中学受験の対策として、時事問題に対応する力を身につけるにはそれ相応の時間が必要であり、小学6年生になってから時事問題の文章題を集中して演習させることで、専門的な単語を覚えたり、設問への対応力を身につけることが出来ました。

中学受験の英語対策は一年という期間では足りず、基礎力を身につけるのに一年、応用力を身につけるのにまた一年かかるため、早めの対策が重要と感じました。