中学受験に塾は必要かという論争について

子供に中学受験を受けさせようとすると、かわいそうという意見が聞かれます。さらに塾や家庭教師といったものは必要なのか、ということもよく耳にします。

確かに学校の授業をちゃんと聞いていれば問題ないかも知れませんし、睡眠や遊ぶ時間を削って、さらに高いお金を払ってまでやる価値があるのか、という疑問もあるのでしょうが、私の経験から言わせてもらえるのなら、塾は通った方が良いと思っています。もちろん絶対ではないし、実際に学校と自宅学習だけで中学受験を乗り切ったご家庭はたくさんおられるわけですから、あくまでも個人的な感想なのですが、特に大手では、テキストも独自に作成したいわゆる虎の巻的なものを使っていたり、いろんな試験の傾向と対策のノウハウを持っている上に、各教科でのちょっとしたテクニックや時間の使い方といった、学校では習えないことも教えてもらえるからです。そして中学受験は孤独になりがちですが、そこには仲間がいるのも子供にとっては大きいものです。

確かに宿題量の多さや暗記に苦しんだり、四年生から行っていないとついていくのが難しいといったこともありますが、それを差し引いても、勝ち抜ける力を身につけるにはこれほど適している場所はないと思います。